八色の森浦構 » 活動計画

魚沼産コシヒカリの里・新潟県南魚沼市で多面的機能支払事業に取り組んでいます

活動計画

地域の目指すべき方向

南魚沼市の北部に位置し、八色原の田園に広がる八色の森公園、大和病院、国際情報高校と隣接している水田主体の農業地帯である。

現在は農業者、地域住民が主体となり清掃活動が行われており、今後は施設の維持保全活動および農地・水・環境向上に取り組むこととする。

また、学校・地域住民との交流を強化しながら、景観形成のための植栽活動も積極的に取り組みたい。

活動の区分・概要

  • 基礎部分
    農地・農業用水等の資源を保全する活動として、遊休用地等の発生状況の把握、施設の点検、共同作業計画の策定、施設周辺の草刈、水路の泥上げ、農道の砂利補充等を実施する。
     
  • 農地・水向上活動 (誘導部分)
    当地域は寒冷地であり、水路農道等の施設の凍結融解による劣化が懸念されるため、毎年施設の機能診断を行い、共同活動計画を策定し、農地農業用水等の資源の質的向上を図る活動を行う。
    主に開水路を主体とした表面劣化に対するコーティング等、ゲート類の保守管理の徹底など。
     
  • 農村環境向上活動 (誘導部分)
    農地農業用水路等の資源を活用した農村環境の保全および質的向上を図る活動として、地域の景観形成や地域交流活動を図るための計画策定を行う。
    そのために広報活動等を行い、小学生・高校生や地域住民を対象とした環境調査や稲作体験学習を行い、併せて景観形成のための花の植栽も行う。
     
  • 地域全体の農家が行う環境負荷低減に資する取組 (営農活動)
     堆肥の施用、肥料の局所施用、稲わらのすきこみなどの環境負荷低減に資する取組みを実施。
  • 環境負荷低減に向けた推進活動 (営農活動)
     研修会の実施など環境負荷低減に向けた推進活動の実施。
  • まとまりをもって行う先進的な取組 (営農活動)
     
    水稲について、コシヒカリBLを導入して化学肥料、化学合成農薬を慣行から五割以上低減する取組みを地域でまとまって実施。

八色の森浦構が活動を行っている場所

下記の画像をクリックすると、八色の森浦構が活動を行っている場所を説明した地図が拡大表示されます。

八色の森浦構が活動を行っている場所の説明図